“ 信交酒545号(山恵錦) ”

〜 試験醸造から始まる酒米の物語 〜


長野県酒造組合では、長野県農業試験場の行う酒米育種に
早い段階から選抜に関係する事になり、
その初年度から弊社も試験醸造に参加する事に致しました。

それは、酒米で普通だと思っていたことに、
改めて取り組む事でもありました。


2013年

3月 複数(3系統ほど)の新規酒米について、試験醸造の酒蔵が募集されました。
(弊社では、栽培特性、精米特性、交配系統などから「信交酒545号(山恵錦)」の試験に参加。)

4月 試験醸造の為、初めて「信交酒545号(山恵錦)」が、信濃町荒瀬原に作付けされる。
(初期から継続して試験醸造の為、作付けが行われたのは、荒瀬原の他に1ヶ所あります。)

収穫直前に大型台風が通過し、酒米が倒伏した年になりましたが、
試験醸造中に酒米として上々の印象を受けました。


そして、試験栽培&醸造を始めると、
素朴ですが大切な事の確認を幾つかする事になりました。

『 試験醸造された日本酒は、純米酒と表示できるのか? 』
『 “酒造好適米” と表示できるのか? 』
『 山田錦を超えるような優れた酒米は、どの様な特性が必要か? 』 など


2014年

試験醸造した日本酒のきき酒が行われ、
他の系統ともども良好な評価で試験醸造の継続が決定。
(栽培特性、精米特性、醸造適性など良好でした。)


2015年

長野県の奨励品種(美山錦、金紋錦、ひとごこち、しらかば錦)に
代わるに相応しい品種なのか議論が分かれる。


2016年

春 その他の新規酒米と精米歩合 40%前後で品質評価。
(弊社では、精米歩合 39%の「信交酒545号(山恵錦)」の純米大吟醸を試験醸造。)

この時点では、まだどの様な酒米を選抜するか意見が分かれ、
消極的なご意見もあり品種登録の見込みが付かないでいましたが、
その後、関係団体のご努力もあり奇跡的に意見がまとまり、
「信交酒545号(山恵錦)」を品種登録する事に決定。

2016/09/20 「信交酒545号」品種名の公募開始。
2016/12/14 品種登録出願


2017年

03月23日 品種登録出願 公表

5月 酒米評価により山田錦の様な特性もあることが判明。
12月 関東農政局の審議会に出席して
「信交酒545号(山恵錦)」の状況を説明させて頂きました。


2018年 

4月より 「信交酒545号(山恵錦)」と表示した日本酒が出品や販売が可能に。

「信交酒545号(山恵錦)」を100%使用した弊社の「純米大吟醸」が、
全国新酒鑑評会、関東信越国税局、長野県の各鑑評会などで、
金賞、優秀賞、知事賞など国内の3賞を受賞。

2018酒造年度は、
6月、7月に高温小雨の異常気象により酒米の溶解性が低い傾向になりました。


2019年

KURA MASTER にて弊社 純米吟醸「斑尾」が「プラチナ賞」を受賞。


最終的な品種登録にならない為、
現在も 「信交酒545号(山恵錦)」と品種表示することが必要。